live2dの無料版の作り方~!キーフレーム用語を覚えよう!編~

じっくりゆっくりと一緒に勉強するlive2D講座。

第16回目は、アニメーションモード用語

「キーフレーム」編です。

 

前回のアニメーションは、まだ初期段階。

  • アニメーションモードに移行(その前に下準備)
  • キャンバスの変更

といったことをしました。

 

今回はもう少し踏み入ってみましょう。

今回は覚えることばかりで地味ですが、大事なことです!

アニメーションの完成をワクワクを期待して、一緒にはじめましょう!

 

スポンサーリンク

キーフレームを覚えていこう!

タイムラインパネルの、

「▼live2Dパラメータ」の▼をクリックしまます。

すると、モデリングモードで作った動きが表示されます!

ルイ
ルイ
最初の寄り道の時に作ったフォルダーのおかげで、見やすいはず!

 

それぞれの機能を覚えよう

右側のバーを動かすことで、

モデリングモードモードのときと同じように動かせます。

このバーを動かすと、隣の表みたいな部分に点が打たれます。

 

この点を、「キーフレーム」と呼びます。

 

このキーフレームをつけて、ちょっと遊んでみましょう!

あいだあいだにぽつぽつと、バーをいろいろ変えて、点を打ってみましょう。

 

そして、再生ボタンを押してみると…?

 

なんと、動いちゃ…

消えた!!?

 

そうなんです。

これ、実は紫のバーを動かしてあげないと、消えます。

↓コレです

 

これを、右側の灰色部分まで引っ張ってあげないと、消えてしまうのです。

 

しかし、灰色まで動かしても、なぜか紫部分の色が薄い…。

再生ボタンを押しても、消える現象はなくなりましたが、

薄い部分まで行かずに、ぱっ!と不自然に最初に戻ってしまいます…。

 

実は、まだ触る部分があるのです。

それは、一番上にあるオレンジ色のバー↓

これを灰色部分まで動かすと、灰色部分まで動くようになります。

オレンジバーは、アニメーションが表示されるシーンの部分なんですね。

 

ちなみに、灰色部分も動かせます。

オレンジバーのところで、手のようなアイコンが出ると、動かせますよ。

こちらは、アニメーションシーンの長さを決めることが出来ます。

 

これで再生ボタンを押すと、消えずに最後まで動かせます。

  1. 紫バー
  2. オレンジバー
  3. 灰色部分

3つを動かして、時間調節をしてくださいね。

 

キーフレームの扱い方

キーフレームは、バーを動かす以外にも、

他に2種類の方法があります。

 

1.パーツ横にある数字に入力

 

2.ctrlキーを押しながら、点を打つ

ctrlキーを押すと、ペンマークに+がついたアイコンに変わります。

それで直接、点を打っていってください。

 

緑のバーでctrlボタンを押すと、すべてのパーツに点が打たれます。

 

キーフレームの消し方

消す方法は、2種類。

 

  1. ctrlキーを押しながら点をクリック
  2. 点を押してDeleteキーをクリック
ルイ
ルイ
緑のバーでctrlキーを押すと、全部消せますよ!

 

複数のキーフレームを動かす

1点だけではなく、2点以上のキーフレームを同時に動かせます。

複数のキーフレームをドラッグで選択すると、水色の枠ができます。

 

その枠を、端っこの方にカーソルと合わせると、

⇔といったマークになります。

コレで横に動かすと、選択した枠を一気に動かすことが!

 

キーフレームをコピーして貼り付ける

コピーしたいキーフレームを選択し、「ctrlキー+C」でコピー、

貼り付けたい場所で、「ctrlキー+V」で貼り付けが出来ます。

 

一気にキーフレームを消す

一気に消したいキーフレームを選択して、Deleteキーで消せます。

 

たくさんご紹介しましたねぇ。

触りながら、ちょっとずつ覚えてみてくださいね!

 

休憩

はい、いっきにやり方を紹介したので、ここで休憩。

たくさん詰め込んだら、頭が混乱しますからね。

 

まぁ、実際に触ってみないと、

なかなかイメージだけでは覚えられないんですよね。

 

聞いているときは簡単そうに見えても、

いざ自分がやってみると「あれ?どうやるんだっけ?」

ってのは、あるあるですよね?私だけ?(笑)

 

それでは次回を、お楽しみに♪

 

▼なにかわからないことが、あればお気軽にお問い合わせください♪

▼live2Dもくじ

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

live2D
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。

コメント

トップへ戻る