ストレス解消にパンチング!効果的な使い方を検証

前回、ストレス発散にための買った卓上タイプのパンチング。

実際に怒りピーク時に試すと、効果はあまり見られなかった。

ストレス発散!!パンチングを実際に怒りピーク時に使ってみた
前回ストレス発散用に購入した、パンチング。 これを実際の怒りのときに使った見た感想。 ...

 

っていうか、逆に罪悪感とか恐怖とか、さらなる怒りが強化された感じ。

 

そんなわけで、しばらく使うのを止めていました。

ストレス発散に買ったつもりが、逆にストレスになるってダメじゃんと。

 

しかし、5日ぐらいぶり?に使ってみたら、意外と効果的に使えまして。

もしかして、ちゃんとした使い方があるのかも?と思ったので、まとめてみる。

 

スポンサーリンク

怒りピーク時に使うと失敗

前回のおさらい。

怒りピーク時に使うと、色々弊害が出てきました。

 

  1. 素手で殴ると骨の関節部分が痛い(真っ赤)
  2. 火に油を注いだw
  3. 「○ネ!○ネ!」連呼して、ヤヴァイ人
  4. 音がすごい、多分家が全体的に響いてる
  5. パンチングがうまく殴れないと逆にイラつく
  6. 殴ってると吸盤が取れてムカつく
  7. 「器が小さい…」と自己嫌悪に走る
  8. なぜか怖い。こんなことをしている自分が?
  9. 殴っても殴っても何も満たされない

 

ざっとあげると、こんなところか。

細かく書いたらまだあるかもしれないけど、こんだけあれば十分だろ。

 

3行でまとめてみると、

  1. 手が痛い(物理的ダメージ)
  2. 怒りが結局は消えない(逆に増大)
  3. 恐怖が走る(自己嫌悪)

ってところかな?

 

たぶん、力の使いどころを間違えている。

 

だから、うまくいかないのかもしれない…。

 

うまくいく方法

さて、今回使ってみると、ちょっとうまくいく感じがしました。

なぜうまく行ったのか?考えていきます。

 

  1. 短時間の怒りなら効果的
  2. バウンドさせない

 

主にこの2つである。

 

短時間の怒りなら効果的

瞬間湯沸かし器みたいな怒り。

たとえば、誰かに嫌味を言われて「ウガーーーー!!」ってなった時。

こういう時の怒りなら、たぶんパンチングは効果的。

 

今回は、この怒り状態だったのですよ。

ストレス爆発で超絶的な怒りが湧いた。

しかし、ストレス発生源の奴がすぐにどっかに行った。(そのままあの世に行け)

 

こっから超怒りがわいて、殴りまくった。

 

けど、意外と早くに済んだのですよ。

 

まぁ、前回の怒り時の落胆もあるんだろうけど。

「こいつ(パンチング)には、あまり期待していない」的な。

 

なぜ、今回はうまく行って、前回はダメだったのか?

前回は、長期的な怒りだったからじゃないか?

と思うのだがどうなんだろう?

 

というのも、前回は奴が家に居た状態。

なので、生きている限りイライラは消えない。

 

そんな状態で、パンチング。

常にヤツの気配を感じるんだから、イライラが消えるわけねぇよなって。

 

だって、

イライラ!⇒ストレス発散のために殴ろう!

って状態で殴るわけじゃん?

 

だから、瞬発的な怒りには効果的なんだよね。

怒りの対象が消えているときにね。

その残りの尾を引く怒りには良いんだよ。

 

けど、怒りの対象が身近に常にいる。

この状態で殴っても、怒りは消えない。

 

イライラ⇒ストレス発散のために殴ろう!

イライラ⇒ストレス発散のために殴ろう!

イライラ⇒ストレス発散のために殴ろう!

イライラ⇒ストレス発散のために殴ろう!

 

つまり、エンドレスなのだ。

 

逆に、怒りが湧いてくる。

いつまで私を苦しい思いにさせれば気が済むのだ!?

と、変な意味で客観視しているのだ。

 

  1. エンドレス怒り
  2. なぜこの怒りが消えない!?
  3. なんでこんなに不毛な時間を繰り返しているのだ?
  4. ヤツのせいだ!!
  5. なぜ私がこんなにも苦しめられなくてはいけないのだ!!
  6. 私はこんなにも長時間苦しめられているのか!!

 

みたいな感じで、

「自分が苦しんでいる」って状態を客観視している。

 

今まで漠然と「腹立つ!」だったのに、

「奴がいるから私の苦しみが消えないのだ!」

と良くも悪くも具体的になってしまっている。

 

そんな自分の惨めな状態を知るもんだから、

余計に腹が立ってくる。情けなくなってくる。

辛くなってくる。

 

 

「自分を客観視することで、やっと前にすすめる」

みたいなことがよくメンタル系で書かれているけど…

 

間違った方向で客観視しても、何も進めない

って思うのだが、どうなんだろうか?

 

だって、私は自分の考えが正しいと思ってんだもん。

正しいと思っているから、他の意見を聞け無いんじゃん。

 

そんな「自分正しい」状態でも、

なんとか変わりたくて「自分を客観視」を実践するのです。

怒りを客観視して「自分の状態を知った」ワケです。

 

私が惨めで、つらい状態だと知った。

 

何が「自分の状態を客観視できたら前にすすめる」だ!!

と、逆ギレするんだよね、うん。

 

 

すげー脱線したけど、

つまり、

  1. 長時間のストレス状態だと、「自分は惨め」と認識してよけいに辛い
  2. そのみじめを消したくて、ヤツのせいにして怒りが発生する!

 

こういうことだと思う。

 

本当は、認識して後に、

「じゃあ、どうすれば惨めにならなくすむだろう?」

ってシフトできたら一番ベストだと思う。

 

けど、それどころじゃない。

怒りで頭がいっぱい状態。

 

ここは大きな課題だと思う。

 

バウンドさせない

これな物理的な悩み解決。

 

パンチングって、強く殴るとびよんびよんと動きまくる。

殴る力が弱いとそんなに動かないが、怒り時はとにかく強烈に殴る。

 

規則的に同じ方向に揺れればまだ良いほうだが、

最悪、ななめ行ったり、予測不能の方向へ動くと、これはもう腹が立ってしゃーない。

 

さらに、モニターの前に置いているので、

バウンドして、ガンガンモニターのダメージが蓄積している。

(動かす余裕は怒り状態で”ない”)

 

さらに、

  1. 殴った時パンチングがどっかに行っている状態でスカす(フェイント)
  2. 戻ってきたパンチングが、スカした手を殴りつけてくる(カウンター)
  3. 腹立って「次は殴る!」と思うのだが、またスカす
  4. タイミングが悪いとスカしリズムを繰り返してイライラする

この状態になると、

もとのストレス発散の対象から、パンチングに対象が変わる。

(ある意味いいのかもしれんがw)

 

これも地味に、パンチングを使いたくなくなる原因の1つ。

ってか、こういうことが積み重なって嫌になるのかもw

 

弱く殴ればバウンドはあまりしないけど、

怒りマックス状態で弱く殴るとか、ありえねー。

ストレス発散にも、気を使っている状態じゃないかと。

 

 

んで思いついた方法。

 

バウンドさせない。

 

ようは、バウンドさせなかったら、

こんなストレスとも、おさらば出来るんだよ。

 

んなわけで、バウンドする仕組みのバネを持ってみた。

んでひたすら殴る。殴る。殴る。

 

バウンドしない…!(当然だが)

もう淡々と殴れました。

いい感じに反動して、キレイに殴れる。

 

コツは、上の方を持つこと。

下の方を持つと、バウンドする。

 

んで、気づいたのですが、

自分の拳をあまり動かしていない。

パンチングを方を動かしている。

 

もしかして私、

自分の拳よりも、パンチングみたいなもので殴りたいのかも。

 

アレ思い出したんですよ、

ワニワニパニック。

 

今はもうないのかな?あれ結構好きだったんですよね。

最終的には手で叩くんですけどねw

(こっちの方が早いが痛い。子供の頃は全力で殴ってたw)

 

ちょっとここは、もうちょい観察が必要です。

 

 

あと、手の痛みはグローブやバットを買えばいいともう。

 

けど私の場合

「そんなに効果がないモノに、金をこれ以上掛けたくない」

って思ってしまう。

 

じゃあどうするか?

痛くならない程度に終わらせる。

がベストだと思う。

 

ってか、ワニワニパニックの方法に進んだら違う路行くかもだけど。

 

おまけ:無心で殴れ

これ。

怒りを感じて殴ると、なんか怒り呼んじゃう。

 

なら、どうするか?

 

無心になって殴ってみた。

 

本当に何も考えない。無になる。

目的は「目の前のパンチングを殴ること」

 

前の記事で書いたけど、無心が最強かもしれん。

そうなったら、怒りとか忘れている感じだし。

 

まぁ、今回はうまく言ったけど、次もうまくいくとは限らんがw

 

おわりに

今回の怒りは、数分で終わりました。

長時間の怒り状態には聞かないってことがわかっただけでも、収穫なのかも。

 

今のところ、長時間の怒りは「外に出る」しか対策がないかも。

外に出るにしても、それはそれで問題があるのだが。

出るメリットを作るのがいいかも。今ならホント読みに行くのが結構いいかんじ。

 

 

この記事は、どれぐらいかかったかわかりませんw

飛ばし飛ばしに書いたので、時間がわからんw

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

怒り・劣等感
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る