live2Dのイラストの描き方!動かすにはパーツ分けなどの下準備が大事なんです!

live2Dのソフトで動きをつけるには、まず動かす絵が必要です。

絵は、いつもどおりに描くのとはちょっと違うんです。

ただ絵を描くだけでは、キレイに動かすことが出来ないんですね。

 

描くには、ちょっとしたコツが必要!

こちらの記事では、Live2Dで使う絵の描き方のコツを説明いたします!

 

絵の描き方と言っても、「絵のうまく描ける方法!」ではないことには、注意してください(笑)あくまで、live2Dで動かすための絵の描き方です。
わかっていらっしゃるとは思いますが、念の為。

 

スポンサーリンク

イラストを描く前の注意点!

イラストを描く前に、下準備の知識を入れましょう!

イラストが完成して、実際に動かしてみて問題ばかりが起きると…

描き直しとか、モチベダウンとか、色々辛いです(涙)

ルイ
ルイ

なので、しっかりと下準備をしましょうね!

 

注意点1:デザイン

描くキャラクターは、シンプルな子をおすすめします!

なぜなら、装飾などが複雑なキャラクターは、動かすのが大変だから!

 

live2Dに慣れたプロ級な人なら大丈夫ですが…

初心者の方は、まだlive2Dの操作に慣れていません。

その状態で、ファンタジーゲームの装飾オンパレードキャラを動かそうとしたら…

 

挫折する可能性が大です(汗)

 

パーツが複雑なので、

  1. 動かすのが大変
  2. 面倒
  3. 難しい

の挫折三拍子が待っているのです。

 

公式サイトでも、ファンタジーキャラの難易度は、最大レベルの★4つになっています。

(まぁ背景とか、それ以外の要素もあるのでしょうが…)

 

なので最初のうちは、シンプルな構造の子がいいです。

例えば、服装は制服とか、Tシャツ&パンツとか。

髪型はストレートロングや、シンプルなショートとか。

ルイ
ルイ

かっこいい装飾の多いキャラクターは、live2Dが慣れたからのほうが無難だと思います

 

「それでも、うちの子(装飾量MAX)動かしたいんじゃーー!」

という方は、もう止めません。

愛が続くまま、突っ走って欲しいです。

 

注意点2:ポーズ

絵は、正面向きの直立がいいです。

正面の方が動かしやすく、色々な動きをつけられます。

ななめ向きや上目遣いなどは、正面向きで作れます!

 

あと、全身よりも、バストアップ(胸辺りより上)ぐらいまでの方が楽です。

ルイ
ルイ

Live2Dの作成に慣れてきたら、

少し複雑なポーズや、全身図に挑戦してみるといい感じだと思います!

 

ちなみに、正面向きを描く場合は…

ペイントソフトがCLIP STUDIOの場合、左右同時に描く機能があるので、オススメ。

同時に左右対称に描いてくれるので、簡単に正面が完成します。

 

注意点3:描くサイズ

使う用途によって、サイズは変わります。

※小さすぎるサイズで描くと、悲しいことになるので注意。

 

参考までに、

バストアップ(胸辺りから頭まで)だと「1000~1500px」ぐらいが目安です。

全身だと「2000~2500px」ぐらいが丁度いいと思います。

 

ただし、FREE版(無料版)のLive2Dだと、最大「2048×2048px」サイズまでしかデータ化できません。

それ以上の大きさで作っても、自動的に最大サイズまで縮小されます。

 

【FaceRigの場合】

そして、YouTubeなど動画でFaceRig(Live2Dと自分の表情をリンクさせる、Vtuber)として使う場合…

「1500~2500px」だと、ちょっとぼやけたような感じなります(汗)

 

なので、FaceRigで使いたい場合は、

倍の「4000px」ぐらいだと、きれいに圧縮されて良い感じに作れます。

ルイ
ルイ

あくまで参考までに

 

Live2Dで使うイラストの描き方

それでは、Live2Dで使うイラストの描き方の説明に入ります!

 

レイヤーはパーツごとに結合させよう

普通にイラストを描くと…

  • 線画レイヤー
  • 着色レイヤー

など、レイヤーを分けて描く人が多いと思います。

 

でも、live2Dで動かす場合は、線画レイヤー・着色レイヤーと分けないのです。

1つのレイヤーに、1つのパーツとして描きあげます。

 

どういうことかと言いますと、例えば「瞳パーツ」を作る場合…

「瞳の線画+瞳の着色+ハイライトなど」これを、1つのレイヤーで描くんです。

  • 瞳の線画レイヤー
  • 瞳の着色レイヤー
  • 瞳のハイライトレイヤー

とレイヤーをバラバラに分けちゃダメです。

全部1つのレイヤーに描いてください。

 

髪の毛は髪の毛で、「髪の毛の線画レイヤー+着色レイヤー」で1レイヤー

耳は耳で、「耳の線画レイヤー+着色レイヤー」で1レイヤー

すべての動かすパーツ1つ1つを、着色込みでパーツに分けて描いていきます。

 

こんな感じです↓

画像が小さくて見えにくいですが…わかりますでしょうか?

これが、線画+着色が1レイヤーにセットになって描いている状態です。

ルイ
ルイ

私の場合、36コのパーツを描きあげました。

大変だった…

(複雑なキャラになると、もっとパーツ数は増えます)

 

具体的にはどんなパーツを分ければ?

描いてみると、意外と大変なパーツ類。

「動く場所と言われても、具体的にどこをどう分けて描けば良いのか?」

わからなくなると思います。

 

サンプルとして、うちの子で分けたレイヤーを書いていきますね↓

 

【頭部分】

  1. 後頭部
  2. 前髪
  3. 横髪(左右別に)
  4. 輪郭
  5. 耳(左右別に)

【顔の中身】(鼻・口以外は左右別に)

  1. まゆげ
  2. ふたえ
  3. 上まつげ
  4. 目尻まつげ
  5. 白目
  6. 下まつげ
  7. ほほ
  8. 上唇
  9. 下唇
  10. 口の中

【身体部分】

  1. 上の服
  2. 下の服(スカート・パンツなど)
  3. 上腕(左右別に)
  4. 下腕(左右別に)
  5. 手(左右別に)
  6. 上足(左右別に)
  7. 下足(左右別に)
  8. 靴(左右別に)

 

比較的シンプルに描いたモデルでしたが、

それでも、これだけのパーツを描く必要が出てきます。

 

これに、

  • 頭にリボンが付いていたらリボン
  • アホ毛がついていたら、アホ毛
  • 服装が凝っていてリボンやら、スカーフがあったらそれぞれ…

と、装飾品が多ければ多いけど、分けて描きます。

(一体化でもいいけど、不自然な動きになる可能性・大)

 

これが、描く前に言っていた、装飾品が多いキャラだと大変ということです(笑)

愛で乗り切りましょう。

もしくは、シンプルな子に乗り換えましょう(笑)

 

見えない部分まで描く

見えない部分とは、ただイラストを描くだけだと、普段は描かない部分です。

 

たとえば、髪の毛の後ろ。

普通にイラストを描く場合は、見える部分しか描かないですよね。

 

けど、live2Dで動かすイラストのときは、

普段は描かない部分も、全部描きます。

↑フサフサの毛に見えますが、後ろ髪です(笑)

 

他にも、首・腕・上部分の足・白目・耳などなど、

動かして、削れている部分がないように描いてください。

 

なぜ描くのかと言うと、動かすときのためです。

例えば、風で髪の毛が揺れたとします。

けど、後ろ髪の見えない部分も描いていないと…?

そうですよね、なにもない空白部分が出てホラーですよね(笑)

 

コレを防ぐために、見えない部分も描く必要があるのです。

といっても、そこまで描き込む必要はなく、

違和感がないぐらいの着色で大丈夫です!

 

顔の部分も、頭の上部分まで描いてあげてください。

髪の毛にかかる影部分が気になりますが、

これは…う~ん、コレはある程度仕方がないのですが、

動かすと実は、違和感が出ることがあります。

 

詳しくは描きませんが、まぁ、

上部分まで影も描いてあげたら良いかな、といった具合です。

 

首は、長めに描いた方が良いです。

具体的に言うと、口のあたりまで描いた方が無難です。

上を向いた時や、頭を動かすシーンで、

ホラー現象が起きなくなくなります。

 

上部分の足も同じ理由です。

例えば、上の服とパンツがあるとして、

体を少し上に動かす(人の動きで言う背伸びみたいな感じ)と…?

 

うん、ホラーですよね(汗)

なので、少し長めに描き込んでおきましょう。

 

腕も同様で。

上の腕の方を長めに描いてあげると、いい感じに。

 

他にも、「髪の毛で耳が見えない」という時でも、

動かすと耳は見えますので、全部描いてあげてくださいね。

 

あとは白目。

目玉を動かすときに、空白だとホラーが起こります(笑)

 

他にも、自分のイラストで、

「ここを動かしたら、空白でホラーになりそう…」

というところを見つけたら、

ちゃんと全部描いてあげてくださいね!

 

口の中と肌色を追加する

お次は顔の部分。

 

口の中の部分は、実際見える線画の部分よりも、

少し大きめに塗っておいてください。

 

そして、上・下唇と、鼻周りを、

肌色で塗ってあげてください。

口周りの肌色は、口の中を隠すためですね。

 

ちなみに、肌色は割と面積を多めに塗っておくことをオススメます。

ちょびっとだけ塗るだと、動かす時に後悔するのでオススメしません…。

(えらい目に合った私です)

 

上まつげとしたまつげ

このサンプルでは分けていませんが、

上まつげと目尻のまつげは、分けておいたほうが良いです。

分けて描くと、きれいに動かせるようになります。

くっついて描くと、動かすときにちょっと面倒なことに…(汗)

 

保存しよう!

注意点はこれぐらいです。

あとは、自由気ままにうちの子を描いてあげてください!

 

そして、描き終わったら保存です。

live2DはPSD形式のデータを使っていきます。

なので、保存するときは、PSDファイルを選んでくださいね。

(大体のペイントソフトには入っていると思います)

 

具体的なパーツを見てみたい!

公式の方でサンプルモデルを配布しています。

そちらをダウンロードして、実際に見て、触ってみてください。

【公式】サンプルデーター

ルイ
ルイ
Pro版とFree版と別れていますが、free版を使っている人はPro版を開けは出来ますが、保存は出来ません

 

サンプルは、live2Dを動かしやすく作られていますので、

「こういうふうに描けば良いんだ!」というすばらしい模範解答です。

 

can3&com3ファイル(live2Dの保存形式)でダウンロードできますので、live2Dで開いて、色々と見てみてください。

絵を描く分にも、動かす分にも初心者の方は、とても勉強になりますよ!

 

ちなみに練習ならいいですが、サンプルを使っての活動などは、サンプルサイトに利用規約が書かれていますので、キチンと読んで、理解して、ルールを守って利用してくださいね。

 

お疲れ様でした

以上で、描き方講座をおわります。

予想外に長くなったので、疲れたらすみません(笑)

 

じっくりと、こつこつ描きあげてくださいね。

かわいい我が子を動かすと、楽しいですよ♪

 

それでは、楽しいlive2Dライフを♪

 

▼イラストを動かす!live2Dもくじ

▼なにかわからないことがあれば、お気軽にお問い合わせください♪

 

人と会わない仕事(リモートワーク)に興味があるアナタへ

「コミュ障・人見知り」で働きづらかったけど、家で働ける(自分の興味のあること)だと普通に働けている自分がいました。
コミュ障で辛いアナタも、家で働いてみませんか?

live2D
スポンサーリンク
引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

コミュ障でもいいのです。

コメント

トップへ戻る